Count per Day
  • 233437総閲覧数:
  • 82今日の閲覧数:
  • 195昨日の閲覧数:
  • 2012/06/13カウント開始日:

Archive for 11月, 2014

アトピーのルーツを断つ <生活編その3>

アトピーの悪化、アレルギー、アトピー、体調不良、病気の原因となりうるもの、まだまだありますのでご紹介しますね。

<物理的刺激>

ナイロンタオル、ナイロンのスポンジ、髪の毛の毛先、きつい衣類、下着の縫い目、皮膚に密着しすぎる衣類、衣類のタグ、化学繊維やウールの服、(フリース、ストッキング、ナイロンの服)

<汚れ、入浴>

水道中の不純物・塩素(これは、明らかなアトピーの原因や悪化因子になるそうです。)

髭剃り、脇処理の刃は、刃を消毒しないことで使用したり、伸びている爪で肌をひっかいたときに細菌感染を起こしやすくなります。

砂場や粘土遊び、ズック靴を裸足ではいたりすること。

入浴剤、循環式のお風呂、お風呂の湯(お風呂の湯は、毎日変えないと傷口から細菌が入って悪化することもあります。)サウナ、温泉(とくに硫黄を含む温泉)、銭湯、入浴の仕方。

<身体・病気>

抗生剤(抗生剤で良くなる場合もあるけれど、悪化することも。)。口呼吸。子宮内膜症。下肢静脈瘤、貧血、肝機能障害、腎機能障害、糖尿病、逆流性食道炎、カンジダ、副鼻腔や咽頭などの感染、汗が出ない、逆に出すぎる、寝汗、発汗異常、水虫(白癬菌)、冷え症、のぼせ、自律神経失調症、無理なダイエットなど。

<その他>

季節の変わり目、排気ガス、日差し、黄砂、PM2・5、花粉、植物かぶれ、ガーデニング、虫さされ。シンナー、アルコール、タバコ、井戸の水、水道中の鉛

<ストレス・緊張>

受験のストレス、就職活動のストレス、対人関係のストレス、疲労、過労、不眠、夜型、交替制勤務、緊張(緊張しすぎても、逆にゆるみすぎても悪化します。)

こんなにたくさん原因があるのです。便利な世の中になったぶん気をつけて生活していかないといけませんね。今元気な方も、これからも元気でいるためには必要な情報ですので、ぜひ、少しづつでも身体によい生活習慣をこころがけてみてくださいね♪

アトピーのルーツを断つ<生活編 その2>

他にもアトピー・アレルギー・体調不良などの病気の原因になりうることが書いてあるので、簡単にご紹介します。

洗濯洗剤、柔軟剤、洗剤は、かぶれの原因となるだけなく、衣類に残留し乾燥肌の原因になります。今は、香りの強い洗剤がたくさんでていますが、化学物質に敏感な方は、それで具合がわるくなってしまいます。

入浴剤、お風呂の洗浄剤、トイレの消臭剤、便座の除菌クリーナー、ネガネの洗浄剤、入れ歯の洗浄剤、ウレタン塗装の箸やお椀など。

趣味や仕事で使うセメント、ハンダ、接着剤、ヘヤダイ、ネイルアートなど、ゴム手袋、釣り竿やゴルフクラブのグリップ、消しゴム、自転車のハンドルなどのゴム製品、皮のベルト、皮のブーツ、革カバン、腕時計バンドなど革製品、ドライクリーニング、肌に合わないステロイド外用剤や保湿剤、イソジン、トウガラシ成分のはいった軟膏などで悪化することもあります。

精製度の低いワセリン、紙おむつ、おしりふき、ベビーパウダー、ベビー石鹸、整髪料、育毛剤、白髪染め、柔道着、剣道の防具、グローブ、クラブ活動で使う石灰、松脂、プールの塩素消毒、新築、リフォームによる壁紙や、床のワックスやクロスの張替え、生理用品のナプキン、畳の下のカビ、防虫シートの化学物質、イヌ、ネコ、鳥、うさぎ、爬虫類のペット、幼稚園などで動物に触れる機会も悪化の原因になることもあるそうです。

カーペット、じゅうたん、化粧水、ファンデーション、口紅、マスカラなどの化粧品、香水、除光液、パーマ液、観葉植物、生花(葉や花に付いているカビやダニはアトピーの原因になることもあります)、蚊取り線香の煙、殺虫剤や防虫剤、虫除けスプレーなど。


 

私も、いろんなものに過敏な体質なので、ここにあげてあるもので実際に調子が悪くなったことがあります。塗り薬の基剤でかぶれたり、ナプキンでかぶれたり、床のワックスで気分が悪くなったり、クロスの張り替え後の部屋にいったら、目が痛いし、鼻水がとまらないとか、家の見学会にいったら、使用している壁のクロスや、家具の接着剤の匂いで、見学会の家の中に玄関先から入れないこともあったり。自然素材をうたっているところでも、こういうことは何度かありました。ありがたいことに、身体がセンサーなので、家を建てる業者さんも、何度も見学会にいって確かめて、化学物質の匂いがない、苦しくない、心地良く気持ちがいい、そんな家を作っている会社を選びました。

せっかく家を建てたのに、シックハウス症候群で家にすめないという方も、いらっしゃいます。新築や改築の予定があるのであれば、せひ気をつけていただきたいと思います。