Archive for 1月, 2018

ストレスから身体を守るホルモン

2018年の1月も終わりのころとなりました♪

インフルエンザが年末から流行し始め先週はインフルエンザの方がとても多かったですが、途中水曜日には大雨の恵みの雨のおかげで少し感染が広がらずにすんでいるようです。

 

しかし、まだまだ来週も寒波がくるそうです。寒さと湿度がとても風邪やインフルエンザの流行と関係していますので湿度と温度管理で予防されることをおすすめいたします。

日本全国で124万人もインフルエンザにかかっているようです。気温も下がる来週あたりがピークと言われているので注意が必要ですね。

 

今年はAとB両方とも多く胃腸風邪のようなインフルエンザや熱が高くなるインフルエンザもあれば、症状が軽いものもあり多種多用な症状です。免疫力をたかめインフルエンザにかからない予防策や身体づくりが必要ですね。

 

来院してくださる方々が楽しみにしてくださる院内の室礼は、みなさんに福が来ますようにと願いをこめて節分の飾りとなりました♪

さてさて、本題です。

 

ストレスから身体を守るホルモン。

 

そんなスーパーホルモンは、副腎で作られます。副腎皮質から出るコルチゾール、DHEA、アルドステロンなどのスーパーホルモンは生命維持に不可欠なもので身体の修復や回復、腫れや炎症を控えたりします。

 

血糖値を維持する、

免疫機能を調節する、

血圧コントロールする、

精神、神経系をサポートする、

骨の代謝に作用する。

そんな大事な働きをしてくれます。

 

ノルアドレナリン、アドレナリン、ドーパミンなどの

副腎髄質から出るホルモンは精神の安定にも大きな役割を果たしやる気を高める作用もありますが、これらは分泌過多となると副腎をつかれされてしまいます。

 

 

副腎から分泌されるホルモンは、

1日に何ミリグラムという絶対を必要とするのではなく

人それぞれ適量がありその量に満たないと疲労を感じたり

身体に不調をきたします。

激しいストレスに対応するために副腎が疲れ

コルチゾールなどのホルモンが枯渇すると

様々な不調が出て来たりします。

 

 

スーパーホルモンの分泌不足が、

 

慢性疲労、

抑うつ症状、

不眠症、

自己免疫疾患、

生活習慣病、

糖尿病、

高血圧、

アレルギー、

胃腸障害

癌、

なども関与していることがやっと話題に上るようになってきました。

 

 

不登校の学生にみられる慢性疲労や抑うつ症状などは重度のストレスが関係していて、

そのストレスに副腎が耐えられなくなることでホルモンの分泌不足となり、これらの症状が出現すると考えられます。

 

ホルモンバランスや目に見えないことは、

気のせいと言われたりして

学校の先生や職場の人にわかってもらえなかったり

当人は結構大変な思いを抱えているようです。

 

 

原因をつきとめ

生活習慣、

食習慣、

それを取り除く治療をすると良くなることも多いです

 

なんでも、必ず原因があり、

何か気をつけることはある、

出来ることはあるのでは、

といつもそんな風に思いながら

患者さんに伝えています。

 

そんな希望の持てる知識をご紹介して、より日々の健康に役立てていただきたいと思います。

寒い時期のヘナ

よくヘナ染めをすると体が冷えるといわれます。

しっかりと対策することで体が冷えないようにヘナ染めをすることができます。

 

なぜヘナをすると体が冷えるのか?

ヘナを使うと体が冷えるのは、「なるほど」と思えるような自然が作った仕組みと関係しています。

ヘナはインドの暑い地域で作られる植物ですので、体につけたり食べたりするとクールダウン(温度を下げる)効果があります。

このような環境で作られた植物は、体に過ごしやすいようにバランスをとるための自然の仕組みが作用しているのです。

本当の目的のクールダウン作用とトリートメントは本来は暑いところで使うものなのです。

ところが寒い日本でこのような注意を払わずにやってしまうとクールダウンどころか冷えすぎで頭痛が起こりすぐに風邪をひいてしまいます。

ヘナを使う時、暑い夏は大丈夫ですが、「春の花冷え」と言われる時期や、朝晩冷え込む時期、冬などでは、ヘナをする時に気配りが必要です。

 

 

ヘナ染め中に体を冷やさないための工夫

ヘナはどうしても体を冷やしてしまう傾向にありますから、しっかりと部屋の温度を高めにしてから染めてください。

そして、まずは、頭皮をオイルマッサージをしてください。

オイルは体を温めます。

その後に、ヘナを45度くらいで溶き温かいヘナペーストを頭につけてください。

塗り終わったらすぐにラップで頭を巻いてその上にタオルを巻き、冷やさないようにします。

また、その上からビニールのキャップをすればいつまでも頭部がポカポカになります。

それと同時に、30分の間に足湯をしたり、温かいハーブティを飲むと完璧に全身があったまります。

このような工夫をすることで、年中ヘナケアができるようになります。

ヘナ後に気をつけること

ヘナ後はしっかりと髪の毛を乾かすとよいですね。

寒い日に、染めた後、すぐに外出してしまうと体に負担となりますので、染めた後はしばらく温かいところで休んでくださいね。

体温の上がり下がりがあまりに大きいと心臓に大きな負担となりますので、ヘナ後の寒さ対策もしっかりと行いながらヘナをされるとよいと思います。

病気を治す鍵🔑

今日からナチュラルファミリークリニックは仕事始めの日となりました。年の初めに有効な情報をプレゼントしたいと思います。

私の好きな自然療法の本、東城百合子さんの本を読み返していたら病気治しにとても必要な鍵となる記事をみつけましたのでご紹介します。

人間の体内の自然治癒力のもとの物質でインターフェロンと名付けられたものがあります。

このインターフェロンは、自然治癒力の素となるようなものでウィルスが体内に侵入してくると細胞がウィルスに感染するのを防いだり、癌などをやっつける白血球の一種であるマクロファージを増やし癌細胞をやっつけます。

では、どうやってこの自然なインターフェロンという自然治癒力の素をだすかというと、、、

このインターフェロンは、心の状態と関係が深く、悪党や悪人、恨み嫉み妬みのある人やネガティブな人や自分を大切にしていない人には出にくく、心の綺麗な欲の無い無邪気な恨み嫉み妬みの無い何事にも感謝の気持ちのがあり自分を大切にしている人には多いに出てくる。

また血液が酸性の人は少なく、アルカリ性の人はインターフェロンを多く出しやすいそうです。

東城百合子さんの経験からも、癌や難病が治る人は、天与の生命体を呼び込める何か心に光を持っている人命を大切に生きる筋の通った生きる方向付けのしっかりした人、信じてひたすら凡時徹底で治す努力をされた方、そしてそこに、希望と喜びを見いだした人々は、こんなこころの時にインターフェロンが大いにに誘発されてでてくるそうです。

 

 

まれに、信仰で心を養い奇跡的に病気が治すことがあるそうですが、それは大きな魂のよろこびで、急激に猛烈な勢いでインターフェロンがでてくるので難病やがんも消えてしまうのに関係しているのではないかと思うと書かれていました。あと集合意識や信じるこころもスイッチを入れているのかもしれません。(信仰をすすめているわけでなく、どうしてそういう場合でも治るのかが書いてあったので参考までにのせました。ちなみに私も院長は、宗教観はもっていても宗教団体には属してません。)

信仰でなくとも、こころの切り替えスイッチをいれるだけで病気が治る例を東城先生も見てきているようです。私も、叔父がこころのスイッチで2週間で脳腫瘍を消したのを知っています。

叔父が手術前に、手術すると後遺症で目が見えなくなるかもと言われていると落ち込んでいたので、私はその頃、癌を治すことができることを勉強して知ったときだったので、『おじさん大丈夫、癌だって治るんだから』と叔父と30分くらい会話したところ、叔父の顔にぱっと光がさし目が輝いたのを見て、治るスイッチが入ったかも。これは、治る!!と直感的に感じました。食事をその2週間の間でも見直して徹底し検査すると何と、2週間で手術予定であった脳腫瘍は消え手術せずにすみ、それから、10年以上経ちますが元気に過ごしてみえます。

その経験からも、治るスイッチで病気が治る奇跡もあることを学びました。

 

土壇場の苦しみでどうしようもないと追いつめられると変わらざるを得なくなり、その自分のこころの持ち方の欠点に気づいて心が素直に明るくなるとインターフェロンがものすごい勢いで出てくれ奇跡が起こるようです。

そんなこころもちの時は、生命力もどんどん入ってくるのでよく効き、食事や自然の手当もびっくりするほど効くのはそういうわけだそうです。人の心が閉ざされて、それを受ける心がないと生命力も入りようがなく、心がとても大切だということを書かれていました。

病気を治す鍵は、こころの持ち方、考え方、生き方を改める、生活習慣を改める、食事を改める

いろんなことを勉強して参りましたが、これがとても重要な鍵を握っていると私も思います。

みなさん、難病でも、癌でも失望せず、諦めず、この鍵を使って治るスイッチを入れて、健康になっていただきたいと心から願います。

いつも思いますが、病気になってしまってからでは、身体を変えるのに時間がかかることも多いので、病気になる前の予防医学がとても大切で、健康でイキイキと皆さんが生きられるように、こころの持ち方、そして養生の仕方、セルフケアの仕方などをお伝えしていきたいと日々思います。

 

あけましておめでとうございます♪

あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。今年もよろしくお願い申し上げます。

 

豊橋では、新年に花火が夜空にあがりました♪

冬の花火は夜空の空気が澄んでいるのでとても綺麗です。

 

 

いよいよ新しい年をむかえましたね♪

院内の室礼は、年末からお正月のものとなりました。来院してくださる方々が元気にイキイキと光り輝いて生きられますようにと今年は、赤と白と金色の色をあしらったものを飾ってあります。赤は魔除けや元気の色。白は、純粋、無垢の色。金色は、光り輝く色などなど色の効果もこめての室礼です。

今年もみなさんが、元気になるようにいろんなことを提供していけるように精進して参りたいと思います。

今年はどんな年にしたいか、何を目標とするかを書き出して決めておくと叶いやすいようです。
たとえば、カーナビで行き先をいれずにただドライブしていても目的地に着かないように目標や夢はちゃんと書き出すとよいのです。叶えたい夢、目標を明確にし、どうしたらその夢が叶えられるのか具体的な方法を考えてみるとよいと思います。

病気になりたくない!!と思ったり念じたりするよりも、いつも健康で元気で過ごす!!

と病気でなく健康にスポットを当てると良いですよ♪ 願いや想いの思考のスポットの当て方もとっても大事なんです。

昨年も、院長含め私も、たくさんの勉強会に参加しいろんな情報を集めてきました。いろんなことを多方面から勉強していると、あれもこれもつながっていて、知りたかったことの答えが違う方面からやってきます。それが勉強の楽しさのように思います。お伝えしたいことはたくさんあるので、少しでもアウトプットを頑張ってみなさんにお伝えしていきたいと思います。

周りのみなさんの応援や支えてくださるたくさんの方々のおかげで昨年も1年を無事に終えることができました。本当にありがとうございました。こころから感謝しております❤

今年も初心を忘れずスタッフ全員で全力でみなさんのよくなりたい、治したいそんな気持ちを一緒に応援してよい方向にすすむことが出来るような伴走車のようにがんばっていきたいと思います。

今年もみなさんが元気で笑顔に、ますます元気になるお手伝いをして参りたいです。