Count per Day
  • 257536総閲覧数:
  • 131今日の閲覧数:
  • 160昨日の閲覧数:
  • 2012/06/13カウント開始日:

Archive for 7月, 2017

癌の報道について

先日、他界された小林麻央さん、テレビでいろんなことを報道されていますが、

生前、もし私が今死んだとしたら人はどう思うか? という残した言葉がとてもこころに残りました。

 

34歳という若さでかわいそう

子どもを残してかわいそう

そんな風に思わないでいただきたいと。

 

癌という病気になったことが、人生を代表する

最大の出来事ではない。

人の死は病気であるかとは関わらずいつ訪れるかわからない

夢を叶え、そして苦しみながらも、愛する人に出会い、そして2人の子ども宝物に恵まれ。

家族を愛し愛されいろどり豊かな人生だったから。

与えられた時間を病気という色に支配されずにそれでも無くなる瞬間まで笑顔で今を生きる

まわりの人を悲しませないように自分に何ができるか考えて生きていた素敵な女性のことばにこころから、強さと美しさを感じ感動しました。

 

家族が病気になり、死生観について、寿命が長いから幸せではなく、いかに生きたかが大切だと気づき

 

ナチュラルファミリークリニックは、

病気を治すいろんな方法を勉強し提供出来る統合医療をめざす場所にしていきたい、たとえ病気だったとしても、病気にとらわれず今を楽しく生きるそんなサポートをしたいという思いで開業を決意したのです。

病気であってもなくても、人の命はいつまで生きれるかという保証はありません。

だからこそ、毎日を笑顔で過ごしたいと思います。

癌の報道では、癌は治らないもの、かわいそうそんなイメージをみんなもってしまいます

コメンテーターもとてもかわいそうと涙ぐんでコメントしていますが、それは、麻央さんもそんな風に思わないでと言ってみえたので、本当に、麻央さんが伝えたかったことを受け取っていただきたいと思います。

かわいそうとかということではなく、彼女が伝えたかったことは、たとえ病気であっても、落ち込む時があっても、それでも家族と支え合い、前を向く、希望をもっていきる、病気と向き合うなかで幸せな出来事にスポットをあて今を生きる。そんなことを伝えたかったのだと思います。

人生を最後まであきらめることなく生ききった本当に素晴らしい女性ですね。

最後の言葉が 愛している。そんな美しい言葉で締めくくられ、素敵だなあと思いました。

癌は、治らない病気ではない。治る人もいる。そんなことを自然療法や統合医療を実践している医師のところでお話を聞いて勉強してきてよけいに思いました。 当院でも、癌が治った方がいらっしゃいます。
昔は結核が不治の病であったのが、今は治せる時代となっています。そんな風に、治った人が増えれば世間の常識は変わっていきます。がんばって色々と学びよいものを発信し常識を変えていくことに貢献して参りたいと思います。