Count per Day
  • 281187総閲覧数:
  • 135今日の閲覧数:
  • 213昨日の閲覧数:
  • 2012/06/13カウント開始日:

Archive for 6月, 2017

病気が治るために必要なこと

知人のご家族なのですが、家族の3期の膀胱癌を3ヶ月で治したそうです。

いろんな病院でセカンドオピニオンを受けても、癌の治療は抗がん剤と手術しかすすめられなかったそうです。余命は1年ほどあったので、それをよしと思わないので、3ヶ月とにかく家族が一丸となって患者さんを支えそれでもだめなら西洋医学に頼ろうと決めたそうです。

マッサージ、光線治療、へそ、膀胱に琵琶灸、呼吸法、海藻煮汁を風呂にいれ腰湯、月に2回砂療法、玄米酵素、びわの種の粉末、青くるみのチンキ、玄米スープ、玄米、のり、小豆カボチャ、みそ汁、野菜スープ、尿療法、水をよいものに、琵琶茶をのむ、肉、卵、牛乳、乳製品、砂糖なしの食事そして、

楽しいふりをする。それを3ヶ月、期間限定で徹底的にやってみたところ、癌が消えたそうです。

そのまた別の二人の家族にも癌ができて、同じようにやったところまた消失。3度も奇跡が起きたそうです。

 

 

うわ〜〜〜〜〜〜〜〜。こんな方法もあるのね。一気に期間限定で色々とやるという方法。

それにしても素晴らしい☆ と感激しました。

そして、その家族。

大切な人と後悔しない生き方をどれだけしたかが大切

だといっていました。

本人と家族が協力し合う。

 

これって本当に素敵ですね♪

やれることは、何でもやってみる。それが、とても大切だと私も思います。

いろいろ勉強して思うこと。これがいいと自分で決めたことを凡時徹底してやることよくなると思い、家族でがんばる。これがとても大切だと思います。

自分の命、他に治してもらおうという気持ちだけでなく、自分で出来ることはやろう!、と思っているのとでは全然違う結果になると思います。ぜひ、良い方に向かう一歩を踏み出しましょう♪

手術は嫌、抗がん剤は嫌というかたで自然療法をと決める場合、相当の覚悟家族の協力も必要なことだと思います。

抗がん剤や手術後なども、付き添いで出来ること、自分でできる自然療法など、併用しながらもする方法もあると思います。

どんな選択をするか、十人十色。真剣に検討し家族で協力し合うことがとても大切ですね。

 

3大療法と言われている西洋医学以外にも治療を取り入れたい方も多いので、当クリニックではいろんな勉強会、講習会に参加し、自然療法の勉強や、自費診療の癌対策などいろいろと引き出しを取りそろえ、常によりよい物、最新の素晴らしい治療を提供出来るように頑張っています。

その一部として高濃度ビタミンC点滴をはじめとする点滴療法やハーブサプリメントのジェネピックなどもやっています。

他にもいろんなことを習得してきているので、いろんな情報をご紹介していきたいと思います。

いろいろあれこれ情報に振り回されすぎず、家族でこれと思うことを色々と力を合わせてやってみるとよいと思います。
こんなの効くのだろうか?と半信半疑よりも、よく考えた上でこれで頑張ると決めて、まず3ヶ月を目安にやってみて様子をみてみるとよいですね。

 

 

家族が病気になったとき、癌と聞くとこの世の終わりのような不治のイメージが医療者である自分自身が10年前に感じました。しかし、私はたった1冊の一行の文字、自然療法で癌が治ったという記事を読み、そっか治し方は色々あるんだ。癌は治らない病気ではないんだと。そのときから、ひたすら西洋医学の他にもいろんな治す方法を勉強し続けており、いろんな療法を学ぶのがライフワークとなっています。

昔から病は気からといいますが、こころの持ち方、病気の捉え方、前向きか、後ろ向きか、それがすごく予後に作用していることもわかりました。

それ以外にも、癌になる原因は必ずご自身が知っているはずです。生活習慣、食生活の乱れ、低体温、ストレス、疲労困憊、気を使いすぎたり、~しなければならないと自分を追い込んだり、完璧主義であったり、人間関係のもつれ、人を許せなかったり、憎んだり、そういうことを正すことから、治療は始まります。

癌の治療で3大療法をしたあとは、『いつも通りの食事や生活をしていいですよ。』という病院がほとんどで、自分の今までの生活に起因する原因を顧みず、同じ生活を続けていると再発してしまうという繰り返しが多いのが現状です。

私の家族も癌で他界したものが何人もいますが、みんな自分で自分の病気になった原因について考えたり、生活を見直したりせずに再発を繰り返していました。
私がいろんなことを勉強し、癌も治せると知ったのも、10年前、もし、そのとき知っていたら家族に伝えていろんなことをアドバイスしているので、きっと今も生きてそばで支えてくれていたかもしれないと思うととても残念でなりません。

悔しい思いもいっぱい抱えているからこそ、気づいた以上、いろんな方法があること患者さんに伝えていきたいし、いろんな方法を勉強し提供していきたいと思います。

開業してから、西洋医学では手に負えず、何もやることがないとホスピスをすすめられた方も、当院の勉強してきた治療で、命が助かったかたもいらっしゃいます。その方や、ご家族をみていると本当に開業してよかったとこころから思います。
勉強したきたことや治療を提供をしていけるようこれからもがんばり、一人でも多くの方が笑顔になるお手伝いをしていきたいと思います。

100パーセント大病院におまかせではなく、自分でも出来ることを考えたり、治療のことを真剣に家族で話合いながら考えてみることをおすすめします。

西洋医学以外の治療を10年前に実行していなければ、今ここに私の家族は生きていないと思いますしこのクリニックも豊橋には存在してなかったと思います。他の治療や方法もあるのでご自身やご家族が、正しい目を持ち選択出来るように、いろんな知識をどんどん勉強していただきたいと思います。
2人に一人ががんにかかると言われている今、かかってからだと勉強する暇がなくて流されてしまうとよく聞きます。

どうして病気になるのか?、病気にならないためには?もしなった場合はどんな治療法があるのか?を勉強していくことをおすすめいたします。いろんな意見があります。正しい目をもつには、生半可な勉強では、情報に流されてしまいます。しっかりいろんな本や情報を集め、勉強していただきたいと思います。それが予防となり、病気をふせぐ最大限の知恵となることと思います。

病気を治すお手伝いももちろんですが、大きな病気になる前に、身体のサインがあるはずです。病気にならない身体作り、みんなが健康で笑顔ですごせるように予防医学をナチュラルファミリークリニックは目指してがんばっていきたいと思っています。