Count per Day
  • 281461総閲覧数:
  • 202今日の閲覧数:
  • 207昨日の閲覧数:
  • 2012/06/13カウント開始日:

Archive for 12月, 2014

開運術♪(言霊編)♪

幼い頃から、何のためにうまれてきたのか、生きるとは、使命とは、死とは、病とはいろんな人生における試練をどう捉えるかなど、日々ずっと、探索してきました。

いかに毎日ごきげんで明るくいられるか、どうやっていろんな人生の試練をのりこえていくか、幸せにいきるこつはあるのだろうかと、いろんな試練を経験する度に色々と考えるようになりました。

たくさんの本を読むうちに、、発する言葉や物事の捉え方、考え方がとても大切であるということを学びました。
今日は、開運術のひとつとして、発する言葉の言霊についてお話したいと思います。

まず、言霊について調べてみると、
言霊とは、古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力で、発した言葉通りの結果を表すちからがあるとされていました。
調べてみて初めて知りましたが、日本は、言霊の幸わう国、ことだまの霊力が幸福をもたらす国といわれていたそうです。

日常に使う言葉は、家族をはじめ関わる人すべての、こころとこころをつなぎ思いを伝え合います。
明るく心安らぐ場にするための基本は、挨拶にあるそうです。
挨拶ことばは、幸せでいられる魔法の言葉なのです。

日常使われている挨拶ことば、
おはよう、いってきます、いってらっしゃい、だいじょうぶ!こんにちは、ごくろうさま、おねがい、ありがとう、うれしい、よかったね、きれい、かわいい、だいすき、はい、ごめんなさい、またね、ただいま、おかえりなさい、いただきます、ごちそうさま、おやすみなさい、さよなら、

そんな日常に使うことばについての意味を、かかれている素敵な本をみつけました。
私の好きな、絵本作家でもあり画家、詩人でもある葉祥明さん、絵や詩、絵本で生命、平和など人間のこころを含めた、地球上のあらゆるテーマに創作活動を続けている方です。

今回は、幸せ家族の魔法の言葉にかかれている上記のことばのいくつかの意味を紹介している本の文章、どれも素敵ですが中でも心に残った一部を紹介させていただきます。もっと詳しく知りたい方は、ぜひ、読んでみてくださいね♪

普段、何気なく使っている挨拶の言葉も意味をしりこころをこめて発すると大切なひとを守るそんな厄除け、開運となることと思います。

ありがとう

人は、お互いに助けあったり支えあったりしていきています。この言葉は、感謝と喜びの表現です。おかげで助かった、ほっとした、嬉しいですという気持ちが相手に伝わるのは素敵なことです。あなたが心から「ありがとう☆」と言えたらそこに愛と喜びと幸せがうまれます。これは人類が創りだした最高の魔法のことばです。「ありがとう」は、毎日、何度でも、世界に向かっていってください♪

だいすき

もともと、すき☆という言葉は、何かを気に入ったという意味ですが、それに「だい」がつくっていうことは、自分の身も心もなげだして、それとひとつになりたい!!という最高の願いと喜びを表すことばです。あなたが、大好きなものは何ですか?あなたが大好きな人はだれですか?あなたは、自分のことが好きですか? さあ、鏡に向かって自分自身にいってあげてください。「だいすき♡」って♪

実は、ありのままの自分を認め好きになることがすごく大切なことなんです。

またね

またねは、楽しい言葉です。希望の言葉。親しい者同士、仲良くなったものどうし、一緒にすごして楽しいひとときのあと、また会いたいと思う。またねといえば、好きな人とまた会える。こんな幸せなことはありません。だから、もし二度と会えなくても、サヨナラは言わない。「またね。」本当は、人生には永遠の別れはないのです。愛する者同士は、姿、形、場所を変え、くり返し、くり返し生まれ変わり、この世とあの世を行き来し巡りあう。これが魂の法則です。

いただきます

食べることは、人生の喜びのひとつです。私達は、食事をするとき、自然に手を合わせ、「いただきます」といいます。人は、食事によって大切な身体を養っているのです。だから、食べることをいい加減に考えてはいけません。作ってくれた人に、そして毎日食事が出来る自分の境遇に、感謝しましょう。世界には、何億人という飢えた人たち、こどもたちがいるのですから。そしてまた、食べるということは、すべての生き物にとって、命がけの営みであることも忘れてはなりません。「いただきます」は、命の祈りのことばなのです。

おかえりなさい

外では、様々な出来事が起こります。ある程度、緊張もせざるをえません。一方、家庭では、安心、安全、休息、くつろぎがあります。おかえりなさいには、愛する人が無事に帰ってきたことへの喜びと感謝の気持ちがこめられているのです。自分の帰りを心から喜んでくれる人は、あなたにとってかけがえのない宝物です。

他にも、まだまだまだありますが、日常のことばにこんな意味もこめられていたのだとビックリですね。こころをこめて、これからも愛ある言葉を発していきたいと思います。以前、「この世にたった一つしか祈りの言葉がないとしたら、ありがとうですべて事足りる。」ということを聞き、この言葉がとても私のこころにとても深く残りました。

自分が家族や知っている人から離れ、絶対に無事に、帰ってくることの保証のない旅にでるときに、すべてに感謝で「ありがとう」にはじまり、最後は「ありがとう」という言葉しかないことに私も気付かされました。この人生で最期を締めくくるときの一言も、「ありがとう♡」と感謝をこめて終わりたいと思いました♪