Count per Day
  • 280543総閲覧数:
  • 109今日の閲覧数:
  • 182昨日の閲覧数:
  • 2012/06/13カウント開始日:

Archive for 8月, 2013

本日(8/28)は午後休診です

おはようございます。

本日は午後から出張のため、午後が休診となります。また、午前中の受付時間も、9時から11時半と通常よりも30分短くなりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

8月19〜21日は休診です。

靴を履き替えるときに玄関の下駄箱を支えにする方がいらして、棚板が動いて危ないと指摘を受けていたのですが、ようやく修理が終わりました。

手が届きそうな高さの上から三段分は、杉板を貼って、多少もっても大丈夫なようにしました(^^)/。上から体重をかける分には問題ないと思います。これで問題になるようでしたら、また考えたいと思います。

20130817_下駄箱

また、以前からお伝えしていた通り、8月19〜21日は休診となりますので、よろしくお願いいたします。

漢方薬の飲み方について

当クリニックでは通常の薬に加えて、漢方薬を処方することがあります。中には今まで漢方薬を飲んだことがない方も多く、その場で飲み方の説明をさせていただいております。一回では分からない方も多いと思いますので、ブログにも飲み方の説明をのせておきます。

漢方薬は空腹時が基本です。食べ物が胃の中に残っていない食前30分前か食間(食後2時間以上たってから)が効果的です。水または白湯で飲みますが、湯のみに熱湯を注ぎ、数分たってからかき混ぜ、お茶にして飲むのも冷えが強い方や粉が苦手の方には良いです。

粉が口の中につかないように、一旦水を飲んで口の中を湿らせた後で舌の真ん中にのせるようにして飲むと、飲んだ後に粉が歯ぐきの周りに残りにくいです。オブラートに包むのも良いです。

上記の飲み方が基本ですが、もし水や白湯で飲めない場合は、メイプルシロップ、1歳以上でしたら蜂蜜、またゼリー、野菜ジュースなどに混ぜたりして飲ませてみてください。効き目が多少落ちても飲むことを優先していただけるとありがたいです。

また、食前に忘れた時には食後でも構いません。どんな飲み方でもいいのでまずは飲むことに慣れてもらえると良いと思います。

注意していただきたいのは、2種類を一緒に飲むように指示された場合は、混ぜて飲んでいただくのが一番効果があり、順番に飲むように指示された場合は1種類は朝、夕、もう1種類は昼、寝る前と分けてもらうと良いです。どうしても重なる場合には、30分以上あけて飲みましょう。

向日葵

浜名湖ガーデンパークの北5分ほど車で走ったところにひまわり畑があるとのことで、久しぶりに向日葵(ひまわり)を見に行きました。

20130804_ひまわり

 

背の高さは1mもありませんでしたが、かなりたくさんのひまわりが咲いていました(^^)/。

ひまわりは「向日葵」と漢字で書きます。花言葉は、「あこがれ」「あなたは素敵」「熱愛」「愛慕」「光輝」「私はあなただけを見つめる」「敬慕」「情熱」などです。

由来はギリシャ神話に太陽神のアポロンに片思いをした水の精のクリュティエがひまわりの花になったことのようです。ひまわりは夏の好きな花の一つで、元気な花の代名詞だとおもっていましたが、由来はとても一途な切ない気持ちを表していたのですね(^^;。