Count per Day
  • 251120総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
  • 210昨日の閲覧数:
  • 2012/06/13カウント開始日:

病気の原因

院長は週末にいろいろな勉強会に参加しています。そのなかでも矢山クリニックの矢山利彦先生は、病気の原因となる5つの病因論を考え、それに基づく原因を除く治療をしています(全国からいろんな難病の方が訪れる統合医療の病院です)。西洋医学では病名を診断して症状を抑えたりしますが、根本的な原因にはふれませんが、そこではその病気や体調不良となった原因を排除することで身体をよくしていく統合的、全人的な治療をしています。

7月5日にバイオレゾナンス医学会全国大会が東京で行われました。
矢山先生の勉強会に参加する医師や歯科医、獣医、薬剤師、鍼灸師の方々が所属しており、その5つの病因論を除く治療をしている先生方の症例発表がありました。

病院では治らないとわれる難病を何例もその方法でよくしてみえます。本当になにも治療がないというのはつらいものですが、あれこれ原因となるものを排除していく治療はとても希望☆がもてる医療であることを発表をきいて改めて思いました。

とにかく患者さんをよくしたい、治ったという笑顔をみたい、その素晴らしい志を持ち続け日々勉強する先生方は、本当に素敵でいつも学会に参加すると感動します。
今回も、たくさんの病気を治している先生方が発表され、よくなった患者さんの症例や健康のこつや素晴らしい予防方法をお話されていました。とても楽しくためになる、素晴らしい学会で、病気やいろんな症状でお困りのみなさんにぜひ聞いていただきたかったです。(学会は、当日チケットは手に入らないくらい大盛況で、人であふれていました。)

そのうち、DVDやムック本の冊子が出ると思いますので、興味のある方は見ていただければと思います。

西洋医学のよいところをいかしながら、東洋医学や補完医療、代替医療など、とにかくよくなることは何でも取り入れていく積極的な医療、私はとても好きです。

院長も、いろんなところに勉強にいき、よりよい治療を求め常に引き出しを増やすため休日も頑張っています。当院でも、普通の西洋医学の医療に加え、勉強してきた良い方法を合わせて統合的な診療を行っています。
矢山先生が開発した特許のあるゼロサーチという気の流れをみる機械を使用し、全体の気の流れをみたり、ストレス状況をみたり、病気となる原因を探り、その時点で身体に合う薬を選び治療をしていきます。その他、自費のいろんな治療もやっております。

ぜひ、表面だけの症状を抑えるだけでなく、根本的な原因を排除し、健康をめざしませんか?

え?そんな治療があるの?なんて思われる方、まず素直に原因となることを取り除いてみてください。そうすると、身体症状の改善がみられてきます。私は、この病因論すべて身体を通して、素晴らしい医療だと体感しています。疲労、肩こり、慢性頭痛、あちこちの痛み、解消しました。
そして、たま~に、原因となることをすると、痛みがでるので、やっぱり、この病因論ってほんと大切と再実感します。

5つの病因論とは?、など、からだに良い情報、院内の掲示板やホームページでもこれからご紹介していきたいと思います。
お楽しみに♪

Comments are closed.