Count per Day
  • 233040総閲覧数:
  • 56今日の閲覧数:
  • 138昨日の閲覧数:
  • 2012/06/13カウント開始日:

漢方薬の飲み方について

当クリニックでは通常の薬に加えて、漢方薬を処方することがあります。中には今まで漢方薬を飲んだことがない方も多く、その場で飲み方の説明をさせていただいております。一回では分からない方も多いと思いますので、ブログにも飲み方の説明をのせておきます。

漢方薬は空腹時が基本です。食べ物が胃の中に残っていない食前30分前か食間(食後2時間以上たってから)が効果的です。水または白湯で飲みますが、湯のみに熱湯を注ぎ、数分たってからかき混ぜ、お茶にして飲むのも冷えが強い方や粉が苦手の方には良いです。

粉が口の中につかないように、一旦水を飲んで口の中を湿らせた後で舌の真ん中にのせるようにして飲むと、飲んだ後に粉が歯ぐきの周りに残りにくいです。オブラートに包むのも良いです。

上記の飲み方が基本ですが、もし水や白湯で飲めない場合は、メイプルシロップ、1歳以上でしたら蜂蜜、またゼリー、野菜ジュースなどに混ぜたりして飲ませてみてください。効き目が多少落ちても飲むことを優先していただけるとありがたいです。

また、食前に忘れた時には食後でも構いません。どんな飲み方でもいいのでまずは飲むことに慣れてもらえると良いと思います。

注意していただきたいのは、2種類を一緒に飲むように指示された場合は、混ぜて飲んでいただくのが一番効果があり、順番に飲むように指示された場合は1種類は朝、夕、もう1種類は昼、寝る前と分けてもらうと良いです。どうしても重なる場合には、30分以上あけて飲みましょう。

Comments are closed.