Count per Day
  • 258070総閲覧数:
  • 94今日の閲覧数:
  • 173昨日の閲覧数:
  • 2012/06/13カウント開始日:

感謝のバトン♡ 

先週は地域の少年野球の卒団式でした。

こどもの思いのこもった

指導者の方々や

卒団生や在団生や父母の方にむけてかいた文章、

そして指導者の方々の温かな愛情と

思い出と思いのこもった言葉に

ジーンと来て

何度も頬に涙が流れてしまいました。

子ども達の涙、

未来を背負うキラリと光るまだ若き子ども達の純粋な想い

と幼き青春の一ページ、

汗水流して頑張ってきた日々の達成感を

かいま見ることができ、

とってもとっても感動しました☆

 

 

いつも暑い時も寒い時も、

土日も祝日も朝から晩まで

子ども達の育成のために

本当に頭が下がりますm(_ _)m

これからの子ども達の未来のために、

ご尽力くださる

温かな指導者である大人の方々の愛を

いっぱいいっぱいいただいて

子ども達は本当に幸せだなあ♡と

いつもただ、ただ感謝の

気持ちがたくさんあふれてきます。

 

 

大人になるまでに、

7人の素晴らしい大人の愛情を

受けられたら素晴らしい子どもになる

という話を以前きいたことがあります。

 

 

なかなか、核家族化もあり

地域とも関わりの少ない今の世の中で

大人の方の愛を受ける機会が少ない中、

本当に自分のこどものように、

そして自分の孫のように

時には、厳しく、時には優しく、

集団行動、忍耐力、協調性、上下関係、挨拶など

とてもたくさん大切なことを教えてくださって、

この愛を知ったら

絶対みんな間違った道にはいかないな!と感じます。

本当に、指導者の方々、

素晴らしい社会貢献ありがとうございます。

 

いろんな形で

社会に貢献する方法があることを

指導者の方々から

お手本をみせていただいてます。

 

私自身も、

人の役に立てるようにがんばりたいと思いますが、

きっと子ども達もそんな想いを感じているのだと思います。

 

 

『大きくなったら指導者の方みたいに子どもが出来たらお手伝いしたい。』

と子どもがボソッとつぶやいたのを

1年ほど前に聞きました。

きっと、

子どもの目にも

大人の良き姿がかっこ良く、

まぶしく見えていて、

指導者の方々に

こころからありがたいなという気持ちも

湧き出ていて、

感謝の気持ちを返そう、

送ろう

としているのだと思うと

とても嬉しい気持ちになりました。

 

実際に、

その団員だった方が、

成人して大人になり、

指導者として来てくださり、

またその子どもへと

バトンタッチされ、

本当に素敵な恩送りだなあと感じます。

 

恩返しも大切ですが、

自分がされて嬉しかったことは、

また同じように

他の方にも恩を送ると、

いっぱいいっぱいありがとうが広がり

優しさと思いやりのある世の中になると思います。

 

大きなことでなく、

小さなことでも

、少しづつでも

日々ご恩送りをしていきたいなと思いました。

 

卒団生の方、そして、卒業された皆さん、新しい春がまっています。

これからのイキイキと自分らしく輝いた人生へと導かれますこと祈っております☆

 

Comments are closed.