Count per Day
  • 233197総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:
  • 176昨日の閲覧数:
  • 2012/06/13カウント開始日:

アーユルベーダ オイルうがい

今回は、インドで数千年以上前から伝承されてきた医学に基づいたアーユルベーダの毒出し法をお伝えしたいと思います。

オイルうがいの効能

①免疫力があがり風邪をひきにくくなる。

②虫歯や口内炎を予防し、歯肉を強くする。口臭を抑える効果もある。

③のどの調子を整える、声のハリが良くなる。

④美肌効果。ほうれい線の改善。

⑤抜け毛・白髪の改善、育毛効果。

などがあります。

肌、声、目などあらゆるところに生命力に溢れ、色気や魅力がアップするといわれています。

オイルうがい方法

準備するもの

白ゴマ油

小鍋

温度計(120℃くらい測れるもの)

オイルを保存しておく密閉容器

作り方

①白ごま油を鍋に入れ、温度計を見ながら弱火でゆっくり温めます。

(加熱して火を入れることにより骨まで栄養が届くそうです。)

②90℃になったら火からおろし、100℃になるまで待ちます。

(温度が100℃以上にならないように気をつけます。)

③自然に冷ましたら、清潔な容器に入れ保存します。冷暗所で2ヶ月はもちます。

うがいの仕方

①加熱処理をしたゴマオイル大さじ1を口に含みます。

②うがいと同じようにガラガラと30秒ほど喉にいきわたらせます。

③その後すぐに吐き出さず、さらに30秒グチュグチュと口内をゆきわたらせます。

舌の裏側はものすごく吸収率が高いところ。そこに解毒作用の強いごま油が入り込むので、より身体に栄養分を行き渡らせることができます。

④終わったら、テッシュペーパーなどにオイルを吐き出して捨てましょう。

オイルでうがい、気持ち悪そうと思う方もいるかもしれませんが、匂いもなく、なめらかでここちよい感触です。是非トライしてみてください♪

 20140530マーガレット

毒出しの性質を持つのはごま油だけです。オリーブオイルなど他のオイルでは代用できません。 この熱処理したオイルで、全身オイルマッサージをすると皮膚から骨まで15分ほどでオイルが浸透し、毒が表面にでてきます。このオイルマッサージもおすすめです。 さらに、白湯をのんで毒出しすると、さらに身体がすっきりします♪

オイルマッサージ、白湯の簡単な方法については、また掲載しますね。

アーユルベーダのクリニックを開業してみえる蓮村誠先生、たくさんの著書をかいていらっしゃいます。その著書を参考にしました。

こころの毒出しや身体の毒出しの本、せひ読んでみてください♪

口腔内の痛みのある方にこのオイルうがいをおすすめしたのですが、はじめて3日目で、「すごく透き通るいい声をしているけれどボイストレーニングとかしているのですか?」、と聞かれたそうです。また、口腔内のトラブルも緩和しましたとのことでした。それから、目の輝きと顔色がとても良くなってますます素敵になっていらっしゃいました。

嬉しい報告でした(^^)/。

その他にも、髪の毛が生えてきたとか、白髪に黒髪が生えてくるようになったとか、くすみが消えて垢抜けたといわれたとか、目力があるねと言われたとか、続々と嬉しい報告があります。

みなさんが、元気により魅力的になってくださることは、とても嬉しいことですね♪

私も。と思われた方、ぜひやってみてください♪

Comments are closed.